BLOGブログ

2020.03.13 |ブログ

情報に踊らされないのも護身



今回の新型コロナ感染拡大で

様々な憶測やデマ情報が流れ、多くの人がそれに踊らされているのも、この日本では珍しくない光景となっているように思います。

例えばすでにニュースでも取り上げられているトイレットペーパーやティッシュにしても、果たしてそれが確かな情報であるかをしっかりと情報源を2つ3つ確認してから購入に走っている人はどれだけいるのでしょうか?

また、安易にリツイートするのも同じことと言えます。

情報に左右されるのは仕方ないことですが、やはり護身についていつも考えている我々は慎重にならざるを得ません。

マスクについては様々な見解がありますが

やはりこれについても節度を持った一人一人の意識が大切では、と考えます。

少し前になりますが、日本国内においてもマスクを巡って喧嘩沙汰がありました。

そもそもで自分たちインストラクターはマスクをほとんど着用していませんので

仮に奪い合うような場面では

「ほれ、くれてやるよ」と言わんばかりに譲りそうですが、

根本的にマスクを奪い合う、それにたいする憤怒を抑えきれない、という状況に問題があるようにも思います。

とはいえ、

そもそもでそこまでマスクが必要なのか?

マスクはどの場面で有効なのか?

これらをしっかり把握すること=情報をしっかり判断し把握すること

まずここから始まるのではないでしょうか。



情報に踊らされないのも護身と言えます。



一日でも早く今回の新型コロナが収まることを願ってやみません。